総合案内

開館時間

午前9時から午後5時


休館日

月曜日(祝日を除く)

国民の祝日の翌日

年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)

文書等点検期間(年10日以内で知事が指定する期間)

4木曜日(清掃整理日として)

詳しくはカレンダーをご覧ください。


閲覧室の利用にあたって

文書館では、希少な歴史資料の原本閲覧や原本展示が行われています。
これらの資料を適切に保存し、後世に伝えていくため、利用者の皆さまに下記の点についてご協力をお願いします。

筆記用具は必ず鉛筆をご使用ください

資料の汚破損につながるため、シャープペンシルやボールペン、蛍光ペンなどの利用はご遠慮ください。
カウンターで鉛筆を貸し出しています。

飲食物の持ち込みはご遠慮ください

ペットボトルや缶入りの飲料を含むすべての飲食物はカバンの中にしまい、机の上には置かないでください。
飲食はエントランスホールでのみお願いします。


閲覧・複写等について

  1. 検索:資料目録は「デジタルアーカイブ福井」で検索できます。
  2. 利用カード:資料閲覧には利用カード(福井県立図書館・福井県立若狭図書学習センター共通)の作成が必要です。初めてご利用される方は当館までお申し出ください。
  3. 閲覧(古文書・新聞・県報):原則として複製本またはデジタル画像で閲覧いただきます。閲覧・複写申込書に記入または印刷したものを受付カウンターまで提出してください(事前の申込は不要)。なお、複製本は原則として館外貸出は行っていません。
  4. 閲覧(歴史的公文書)事前申込制です。詳細はこちらをご覧ください。
  5. 複写:複製本や画像の複写手数料は、モノクロ1枚10円(A3用紙まで)、カラー1枚80円(A3用紙まで)です。複写箇所が特定できる場合に限り、郵送複写にも対応しております(原則100枚以内)。郵送複写についてはこちらをご覧ください。
  6. 撮影:古文書複製本のカメラ撮影は、当館寄贈資料の複製本においてのみ可能です(一部の複製本については著作権上の制限があります)。詳細はこちらをご覧ください。
  7. 原本閲覧:当館に寄贈されているもの、または寄託を受けているもので原本閲覧できるものもあります。事前申込制ですので、詳細はこちらをご覧ください。
  8. 掲載・放映・展示:当館がデジタルアーカイブ福井で公開している資料画像を、出版物や放送番組、展示会などで利用したい場合は、こちらをご覧ください。
  9. その他:資料や利用についてはお気軽に受付カウンターでお尋ねください。

調べる・相談する(レファレンス)

 文書館では収蔵資料の検索方法や資料の内容などについて、調査や相談を受け付けています。
 質問と回答はより質の高いレファレンスを提供するため、個人情報が含まれないよう編集した上で、レファレンス事例としてインターネット上で公開しています。質問の公開を望まない方は、あらかじめお知らせください。

レファレンスサービスの依頼先

Tel:0776-33-8890
FAX:0776-33-8891
Mail:bunshokan(at)pref.fukui.lg.jp ※(at)を「@」記号に置き換えて下さい。

住所:〒918-8113 福井県福井市下馬町51-11

福井県文書館のレファレンス事例(国立国会図書館レファレンス協同データベースのページへ移動します)


研修室の利用

文書館の研修室(定員40名)を会議や打ち合わせなどに利用できます。
部屋・マイクロホン等の使用料金はこちら
使用する月の半年前の月から予約を受け付けます。
詳細などはお気軽に図書館(電話:0776-33-8860)までお問い合わせ下さい。

インターネット上から研修室の予約ができます。

 施設予約サービス PC用(福井県電子自治体推進協議会) 

研修室利用申請書はこちら


よくあるご質問(FAQ)

 こちらをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード PDFファイルの閲覧には、最新の Adobe Reader が必要です。