(2020年度)こどもの読書週間記念企画 ようこそ!リンドグレーンの世界へ~世界中で愛され続ける『長くつ下のピッピ』の作家~

子どもの読書週間ポスター(リンドグレーン)


こどもの読書週間[4月23日~5月12日]にあわせ、記念企画「ようこそ!リンドグレーンの世界へ~世界中で愛され続ける『長くつ下のピッピ』の作家~」を開催します。スウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの作品は、『長くつ下のピッピ』をはじめ、『やかまし村』シリーズ、『名探偵カッレ』シリーズ、『ちいさいロッタちゃん』シリーズなど、世界中の子どもたちに読み継がれています。『長くつ下のピッピ』刊行から75年となる今年、リンドグレーンの著作など関連資料の特集展示と関連企画を開催します。


特集展示

ようこそ!リンドグレーンの世界へ~世界中で愛され続ける『長くつ下のピッピ』の作家~(4/18~5/17予定)


関連企画

菱木晃子さん講演会「アストリッド・リンドグレーン再発見~『長くつ下のピッピ』誕生から75年~」 (5/10 14:00~)

「みんなで輪読!新訳リンドグレーン」 (5/10 10:00~)

アストリッド・リンドグレーン(1907~2002)

スウェーデンの児童文学作家。1907年スウェーデン、スモーランド地方に生まれる。1945年発表した『長くつ下のピッピ』(邦訳版は1964年刊行)で大きな人気を集め、その後児童書の編集者など続けながら、『やかまし村の子どもたち』、『ちいさいロッタちゃん』など数多くの作品を発表。1958年『さすらいの孤児ラスムス』で国際アンデルセン賞作家賞受賞。作品は、70言語以上に翻訳され、全世界100か国以上で読み継がれている。2002年94歳で逝去。その年、スウェーデン政府はその功績を記念して「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を設立する。