サービスのご案内


※サービスを受けるには登録が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

(1)録音資料の貸出
  • カセットテープやデイジーといった録音資料を貸出しています。
  • 当館にない録音資料は、他の図書館から取り寄せて貸出することもできます。
  • 視覚に障害のある方には郵送で貸出します。送料は無料です。
  • 利用方法についてはこちらをご覧ください。


    (2)点字資料の貸出

  • 点字雑誌「点字毎日」、また東洋医学や日本の小説などの点字図書を貸出しています。
  • 当館にない点字資料は、他の図書館から取り寄せて貸出することもできます。
  • 視覚に障害のある方には郵送で貸出します。送料は無料です。
  • 利用方法についてはこちらをご覧ください。


    (3)対面朗読サービス

  • 対面朗読は、視覚障害などにより活字による読書が困難な方に、資料を読むサービスです。
  • 読む資料は、図書館所蔵の図書または雑誌、およびそれに準じる持込み資料です。
  • 2週間前までに、ご希望の資料名と朗読希望日時を電話などでお知らせください。
  • 朗読は、ボランティア朗読友の会会員もしくは当館職員が行います。


    (4)その他の利用できるサービス

  • 大きな文字で書かれた「大活字本」が貸出できます。一般資料の文学コーナーにあります。
  • 拡大読書器を設置しています。
  • 調べ物や読書相談をお受けします。
  • 当館は国立国会図書館の学術文献録音図書の利用申込窓口となっています。お気軽にお申出ください。
    国立国会図書館 視覚障害者への図書館サービスのページはこちら


◆資料の貸出・返却について

(1)貸出点数

  • 一度に利用できる資料は一般・録音・点字資料あわせて10点以内です。ただし、録音・点字雑誌は点数に含みません。

    (2)貸出期間
  • 郵送にかかる日数を含め1ヶ月以内です。(郵送の場合、資料が到着した日から換算します。)
  • 延長を希望される場合はお知らせください。ただし、返却予定日が過ぎている場合、もしくは予約者がいる場合は延長できません。


    (3)貸出方法

  • 原則として、図書館の窓口で貸出します。
  • 視覚に障害のある方には、録音・点字資料を郵送で貸出します。


    (4)返却方法

  • 一般資料は、図書館の窓口、または正面玄関向って右側のブックポストに返却してください。
  • 録音・点字資料は、図書館の窓口に返却してください。なお、郵送で貸出したものについては、郵送で返却してください。


  • はじめて利用される方へ
  • 施設の設備について
  • 交通アクセスについて


  • トップページに戻る