相互協力協定の締結

県内高等教育機関附属図書館と福井県立図書館との相互協力協定の締結について

平成20年12月17日(水)、県内高等教育機関(福井県立大学、福井工業大学、仁愛大学、仁愛女子短期大学、敦賀短期大学、福井医療短期大学、福井工業高等専門学校計7校)と福井県立図書館は、図書館活動に関する協定を締結し、幅広い連携・協力を行うこととしました。

 これは、それぞれの図書館が所蔵する資料を有効に活用し、利用者へのサービスを向上させることにより、地域社会に貢献することを目的としています。これにより、今後の福井県全体の図書館サービスの大幅な向上が期待されます。

調印式の様子
 なお、この協定により、県内全ての高等教育機関の附属図書館と公共図書館との図書館ネットワークが完成することとなります。


この協定の内容

 

  福井県内図書館総合目録(横断検索)システムへの参入

県内高等教育機関の蔵書と県内公共図書館の蔵書約547万冊をまとめて検索できるようになります。


  県立図書館の既存の物流システムを利用した図書館間相互貸借等の実施

  • 県民の方は県内高等教育機関の学術専門書約143万冊を身近な図書館を通じて利用できるようになります。
  • 県内高等教育機関の学生・教職員は県立図書館の蔵書を教育機関の各附属図書館を通じて利用可能になり、調査研究活動の範囲が広まります。


  各図書館の所蔵資料を活用したレファレンス協力等、その他図書館事業の連携協力

皆さんから寄せられた質問・相談に対し、県内高等教育機関の保有する学術情報などを活用した調査ができるようになります。

なお、県内高等教育機関附属図書館との相互協力は平成21年1月から開始します。

調印式の様子 調印式の様子
 

関連ページ

福井大学附属図書館と県内市町立図書館の相互貸借を開始(平成19年11月)
福井大学附属図書館と福井県立図書館の相互協力協定の締結について(平成19年10月)