相互協力に関する協定の締結

福井大学附属図書館と福井県立図書館との相互協力に関する協定の締結について

平成19年10月4日(木)、福井県立図書館と福井大学附属図書館 は、相互協力に関する協定を締結しました。
 これは、それぞれの所蔵する豊富な資料の有効活用と、それぞれの利用者へのサービスを向上させるとともに、地域社会への貢献を図ることを目的としており、今後県内の公共図書館と大学図書館との連携・協力への第一歩となるものです。
調印式の様子

この協定の主な内容

 

  福井大学附属図書館の「福井県内図書館総合目録」(横断検索)システムへの参入

福井大学附属図書館と県内公共図書館の蔵書約460万冊を、まとめて一度で検索できるようになりました。

  福井大学附属図書館と県立図書館の所蔵する資料の相互の貸出し

県立図書館の資料約96万冊に加え、福井大学附属図書館の専門的な資料60万冊が利用対象となり、利用できる資料の幅が広がりました。

  レファレンス(調査相談)の連携

皆さんから寄せられた質問・相談に対し、福井大学附属図書館の保有する学術情報などを活用した調査ができるようになりました。

調印式の様子 「福井県内図書館総合目録」(横断検索)の説明の様子


関連ページ

県内高等教育機関附属図書館と福井県立図書館との相互協力協定の締結について(平成20年12月)
福井大学附属図書館と県内市町立図書館の相互貸借を開始(平成19年11月)