デジタルアーカイブ

デジタルアーカイブ 目次

デジタルアーカイブ福井

当館が寄託を受けている松平文庫をはじめ、酒井家文庫や県立図書館所蔵の貴重資料を検索できます。また、画像データが登録されている資料については、詳細な資料画像をご覧いただけます。

デジタルライブラリー

「福井県文書館・図書館デジタルアーカイブ」で画像データが閲覧できる資料を紹介します。

松平文庫

松平文庫は、江戸時代に福井藩で作成・使用された公文書類(藩政資料)や越前松平家・福井藩校に伝来した書籍(国書・漢籍)など、1万点を超える資料群です。福井県立図書館では、昭和25年(1950)の開館以来、松平家より同文庫の寄託を受け、その利用と保存に努めてきました。
松平文庫のうち、藩政資料は『松平文庫福井藩史料目録』(福井県立図書館 1989年)として、国書漢籍は『松平文庫目録』(福井県立図書館 1968年)として目録化されています。
「デジタルアーカイブ福井」では、これらの目録に収録された資料群を検索できます。また、越前国や福井城下の絵図・地誌類を中心に画像登録のあるものについては、詳細な画像データをご覧いただけます。
松平文庫についての詳細はこちらをご覧ください。


酒井家文庫
酒井家文庫は、江戸時代に小浜藩で作成・使用された公文書類や若狭酒井家・小浜藩校に伝来した書籍など約2万6千点からなる資料群です。同文庫は昭和16年(1941)と昭和52年(1977)の2回にわたって酒井家より小浜市に寄贈され、平成25年(2013)には小浜市文化財に指定、現在は小浜市立図書館が所蔵しています。
酒井家文庫に含まれる藩政資料および国書漢籍は『酒井家文庫綜合目録』(小浜市立図書館 1987年)として目録化されています。
「デジタルアーカイブ福井」では、酒井家文庫の一部、若狭国や小浜城下の絵図・地誌類を中心とした資料が検索でき、詳細な画像データをご覧いただけます。