ふるさと文学館 深田久弥没後50年記念展「山があるから」

     「山があるから」チラシ表



開 催 概 要

開催期間2021年10月30日(土)~2022年1月23日(日)
会場福井県ふるさと文学館 
内容

2021年は、『日本百名山』で知られる深田久弥の没後50年にあたります。深田は石川県加賀市に生まれ、白山を眺め育ちました。福井中学校(現・藤島高校)で青春時代を過ごした深田は、百名山の一つに福井県の荒島岳を選んでいます。
そして、晩年には、ヒマラヤへの思いを募らせ多くの作品を遺しました。なぜ、人は山に魅せられ、作品に描くのか。没後50年を機に、深田久弥の実像に迫ります。
また、井上靖や新田次郎の山岳小説とそのモデルにもなった登山家・松濤明や加藤文太郎、エッセイや写真で山々の姿を表現し続ける増永迪男、石川直樹など、作家・登山家たちの貴重資料から山の文学の魅力を紹介します。

主な展示資料・深田久弥「日本百名山」原稿(加賀市深田久弥山の文化館蔵)
・深田久弥愛用品パスポート、地図、万年筆等(加賀市深田久弥山の文化館蔵)
・松濤明最期の手帳(市立大町山岳博物館蔵)
・芥川龍之介「河童図」*展示替えあり(日本近代文学館蔵)
・新田次郎「強力伝」原稿*展示替えあり(日本近代文学館蔵)
・串田孫一絵画
・増永迪男氏ピッケル
・石川直樹氏写真  等
関連イベント【文学講座】
福井の山を知り尽くす増永氏に、山と文学についてお話しいただきます。
・講師:増永迪男氏(山岳エッセイスト,登山家)
・日時:①2021年10月30日(土)
    14:00~15:30  終了しました
    ②2021年12月16日(木)
    14:00~15:30
     ①と内容が重なる部分があります。
・演題:
 ①「文学に選ばれた山-ふるさとの山を含めて-」
 ②「山と文学」
・会場:県立図書館 多目的ホール
・定員:①60名 ②50名 
 ※要申込 参加費無料

【講演会】
石川直樹氏講演会「地球を旅する」  受付終了しました
世界各地を旅し山と向き合ってきた石川氏に、創作活動などについてお話しいただきます。
・講師:石川直樹氏(写真家)
・日時:2021年12月11日(土)14:00~15:30
・会場:県立図書館 多目的ホール
・定員:60名 ※要申込 参加費無料

21IN_FukuiCA_B2_1025_2out

☆図書館テラス前では、石川直樹氏の蔵書の本棚を再現した特集をしています。

 IMG_1756 

【山の文学キネマ】
「氷壁」     受付終了しました
冬の穂高連峰への登攀や、山岳事件を取り巻く人々の心情が描かれる。
原作:井上靖/監督:増村保造/出演:菅原謙次、山本富士子/96分/1958年
日時:2022年1月8日(土) 13:30~15:20
定員:60名(要申込)/場所:県立図書館 多目的ホール

「滝を見にいく」
山中の滝を目指しツアーに参加するも遭難してしまった人々を描くヒューマンコメディ。
監督・脚本:沖田修一/88分/2014年
日時:2022年1月16日(日) 13:30~15:10
定員:60名(要申込)/場所:県立図書館 多目的ホール

※申し込みは、電話かFAX、メールにて受付します。文学館窓口でも申し込みいただけます。
※ご参加の際は感染症対策にご協力ください。イベントは中止・延期となる場合があります。
≪申し込み先≫
TEL:0776-33-8866 / FAX:0776-33-8861
メール:bungakukan☆pref.fukui.lg.jp(☆を@にして送信してください)
展覧会チラシ「山があるから」チラシ表
「山があるから」チラシ裏

     
     
     

































































































































Adobe Readerのダウンロード PDFファイルの閲覧には、最新の Adobe Reader が必要です。

 

会場位置MAP

会場_展示室