大野明倫館(’04~’05) 研究報告書3