三上豊尚家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
X0149
資料群名
三上豊尚家文書
地域(近世,行政村,現在)
丸岡城下
資料の年代
1625年(寛永2)~1865年(慶応1)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
『通運読本 通運史料』(三上豊夷篇)によると、幕末期には豊尚が藩の財政を担当しており、長州征討の際、財政難の責任を取って切腹したとされる。長男の豊夷は明治期に神戸に出て、海運業を営み、内国通運会社(日本通運株式会社の前身)の第8・10代社長を務めたほか、孫文の革命運動を支援したことでも知られる。
2012年12月、寄贈。
資料群の概要
ほぼすべて近世資料で、三上家関係の資料が大半を占める。日記写しや香典覚のほか、先祖の菩提寺と思われる上総国長柄郡の大悲山慈眼寺関係の資料が数点見られるが、全般に断片的である。また、「強之丞様御出馬御人数入用之武着并代料再取調書」(嘉永6年)や「(丸岡藩主有馬氏先祖家系)」など、わずかではあるが、丸岡藩や藩主有馬氏に関係すると思われる資料もある。
否撮資料はない。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
X2932~X2942
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。