織田利右衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
X0081
資料群名
織田利右衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
大野郡牛首村,石川県能美郡牛首村,石川県白山市白峰
資料の年代
1716年(享保1)~1915年(大正4)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
牛首村は手取川上流域の山地に位置する。白山麓十八か村の1つで、初め福井藩領、1644年(正保1)幕府領福井藩預かり地、68年(寛文8)から幕府直轄地。『元禄郷帳』による村高は39石余。
当家は代々利右衛門と称し、幕府領時代は山口十郎右衛門家・木戸口孫左衛門家と並ぶ勢力を持ち、大庄屋・庄屋などを務めた。また明治期の当主発は戸長となり、のち白峰製糸社をおこした。
資料群の概要
近世文書は白山麓十八か村の由緒控・養子のために記した家訓・売券など。近代文書は生糸取引関係・留帳・宿帳などである。
否撮カードは1点、1889年(明治12)の小杉郡役所関係冊子。また留帳は一部のみ撮影。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『白峰村史』
複製本番号
X1369~X1371
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。