西川伝右衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
X0041
資料群名
西川伝右衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
近江国蒲生郡八幡町,滋賀県蒲生郡八幡町,滋賀県近江八幡市
資料の年代
1702年(元禄15)~1883年(明治16)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
西川家は近江商人で、松前の地で松前・蝦夷地産の鯡などを扱った両浜組(江州柳川村・薩摩村・八幡町の近江商人の松前での組織)の構成員であった。当家も松前に出店し、漁場請負を行い、荷所船によって松前物を敦賀を経て、近江に運んだ。18世紀中期以降は手船経営も行ったようで、1779年(安永8)には大福丸・住吉丸・大宝丸・豊久丸を所持している。
同家資料群の滋賀大学経済学部附属史料館寄託分。Http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/shiryo/index.htm参照。
滋賀県立大学図書情報センター所蔵分については、X0120参照。また、北海道小樽支店に伝わった帳簿類は小樽市博物館に所蔵されている(『小樽市博物館所蔵目録』第6集)。
資料群の概要
西川家と取引関係にあった敦賀の網屋伝兵衛関係資料のほか、江州五郡肥物屋仲間関係、松前出店関係、万永代覚帳などがある。
1994年の調査・撮影の際、家番号をX0040としたが、今回の目録作成において家番号X0041に修正した。なお、文書番号00110-00142はそのままとした。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
X0994~X0997、X2177~X2180
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。