貝井義男家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
Q0042
資料群名
貝井義男家文書
地域(近世,行政村,現在)
大飯郡高浜村,高浜村,高浜町
資料の年代
1660年(万治3)~1877年(明治10)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
高浜村は高浜湾・内浦湾に面して位置する。戦国期に逸見氏の城下町となって基礎がつくられた。小浜藩領で村高は「正保郷帳」では985石余、「元禄郷帳」「稚狭考」で1002石余、「天保郷帳」では1004石余。郷帳では1村として扱われていたが、近世初頭まで高浜城があったこともあり、郷方・町方に分かれていた。町は8町からなり、その内7町に肝煎、残り1町は浦町とよばれ北浦・南浦に分かれて、2人の刀祢が置かれた。
貝井家が所蔵する資料は収集文書であり、その多くは高浜町の壁館家に伝わったものである。壁館家は高浜北浦の刀祢を務めた家で五左衛門を称し、堀尾・砂屋などを名乗っていたこともあった。貝井家と壁館家の関係は不明。
資料群の概要
当家の資料群は1660年(万治3)の高浜浦検地帳や1838年(天保9)の両浦屋敷帳などの他、高浜浦町の漁業に関するものが多数を占める。なかでも争論に関するものが多い。48年(嘉永1)の「茂屋網争論ニ付高浜北浦願書」は、高浜北浦の漁場へ南浦が「もや網」(舫網か)を持ち込んだために起こった争論で、57年(安政4)には「もや網」の立て方について決めている。また、高浜浦は江戸初期からたびたび小黒飯村と漁場争論をおこなっており(Q0019高橋刀祢家参照)、50年(嘉永3)の「磯猟争論ニ付高浜浦町済状」や「小黒飯村・高浜浦町出入和順ニ付請取一札」はその際の済状である。
その他、漁場関係の絵図などが残っている。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
資料編9 P.946-953 10点
県史以外の収載
 
複製本番号
Q0315~Q0319
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。