誓願寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
O0512
資料群名
誓願寺文書
地域(近世,行政村,現在)
小浜町,小浜町大宮,小浜市小浜大宮
資料の年代
1604年(慶長9)~1863年(文久3)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
大宮は後瀬山の北麓に位置し、明治初年は旧城下にあたる小浜24区のひとつ四ノ宮町、さらに古く江戸時代は東宮前町とよばれた。
誓願寺は浄土宗鎮西派寺院。「若狭郡県志」によれば1429年(永享1)、僧頼順が阿弥陀像を携えてこの地にいたり、守護一色義貫に土地を求めて堂を建て、この像を安置したことに始まるという。
資料群の概要
調査資料は17点。内13点が領主京極氏・酒井氏の諸役免許状で、残りは当寺の仏像などの縁起である。
利用条件
 
県史収載
通史編2 P.851・P.1021
県史以外の収載
『小浜市史』
複製本番号
O0777
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。