松吉五郎兵衛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
O0094
資料群名
松吉五郎兵衛家文書
地域(近世,行政村,現在)
遠敷郡小松原村,西津村新小松原,小浜市新小松原
資料の年代
1611年(慶長16)~1869年(明治2)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
小松原村は西を小浜湾に面して位置する。小松原村はのち本小松原と新小松原とに分かれ、その間に位置する下竹原村を合せて三小松原村といわれた。また本小松原が小尻と呼ばれたのに対し新小松原は出村ともよばれた。
松吉家は五郎兵衛を称し、小松原村の庄屋を務めた。
資料群の概要
当家は1611年(慶長16)以降の文書43点を所蔵し、そのほとんどが漁場争論に関する訴状・証文類である。11年の文書はくて崎網場の密漁に対しての東勢村の詫証文であるが、42年(寛永19)にはこの網場をめぐって西勢村と争論になり、翌年内済となり、この網場の西勢村帰属と五郎兵衛だけがこの網場を借り請けることが取り決められた。また、1746年(延享3)から49年(寛延2)にかけての仏谷浦との網場争論もある。
その他、1683年(天和3)の北(新)小松原村の屋敷帳がある。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
資料編9 P.539-549 8点
県史以外の収載
『小浜市史』『小浜・敦賀・三国湊史料』
複製本番号
O1005
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。