吉岡小兵衛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
O0066
資料群名
吉岡小兵衛家文書
地域(近世,行政村,現在)
遠敷郡中井村,口名田村中井,小浜市中井
資料の年代
1791年(寛政3)~1868年(明治1)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
五十谷村(いかだにむら。現小浜市中井の一部)は小浜城下南西の南川沿いの山間地に位置する。村高は「正保郷帳」では179石余、「天保郷帳」では209石余。
吉岡家は代々小兵衛を称し、五十谷村の庄屋・組頭を務める一方、酒造、瓦の製造・販売、釘小売など様々な商売を営んでいだ。
資料群の概要
当家は1694年(元禄7)以降約400点の文書を所蔵している。県史の調査資料310点はすべて近世資料で、(1)村方関係、(2)商売関係、(3)借用証文・売券、(4)その他に大別され、(2)を中心に、10点が資料編に収載されている。
(1)には五十谷村の年貢免状、土免願、無尽証文、倹約についての村内約定などがある。
(2)は瓦業、酒造業、石灰焼き、釘小売りなどに関する資料で、江戸時代の吉岡家の多様な経営と村民が農業余業として営んでいた諸商売の様子を知ることができる。
(4)は受取書、奉公人の年季証文、屋敷図、書状などである。
否撮カードは田畑の図面、米手形など5点。
利用条件
 
県史収載
資料編9 P.670-677 10点、通史編4 P.56
県史以外の収載
『小浜市史』
複製本番号
O0637~O0641
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。