旧中名田村役場文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
O0025
資料群名
旧中名田村役場文書
地域(近世,行政村,現在)
中名田村,小浜市
資料の年代
1897年(明治30)~1956年(昭和31)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
中名田村は、1889年(明治22)から1951年(昭和26)の遠敷郡の自治体で、南川中流域に位置する。深谷・深野・和多田・下田・上田・小屋の6大字よりなり、村名は名田庄谷のほぼ中央に位置することによる。役場ははじめ和多田に設置され、14年(大正3)下田に移転した。51年小浜市の一部となった。
資料群の概要
撮影資料165点のうち1950-51年の農協関係約20点以外は、簿冊、綴であるが、うち50冊は部分撮影である。内容は、1940-50年代の勧業・議事・庶務関係簿冊を中心に、配給・供出・供米・復員など戦中戦後の村民生活に関係する資料を抽出している。このほか、負債整理事業、農地委員会、農業委員会・農協四連の合併関係などの資料が集中的に撮影されている。
否撮カードは1、2回の調査合わせて52枚72点分であるが、小浜市史の調査目録には約1300点の資料があがっていることから、収集資料は県史資料編編さんのための極めて限定されたものであることがわかる。
利用条件
閲覧できない資料あり。
県史収載
資料編12上 P.1-2 P.129-132 P.178-179 P.391-396 P.448-452、資料編12下 P.17-19 P.24-30 P.64-66 P.412-414 P.428-429 P.487-490、通史編6 P.298・P.349・P.361・P.373
県史以外の収載
『小浜市史料所在目録』『小浜市史』
複製本番号
O0146~O0163、O0524~O0593、O1055~O1068
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。