竹内洲嶺家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
M0685
資料群名
竹内洲嶺家文書
地域(近世,行政村,現在)
敦賀郡葉原村,東郷村葉原,敦賀市葉原
資料の年代
1607年(慶長12)~1870年(明治3)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
葉原村は木ノ芽峠南西部、田尻村の東に位置する四方を山に囲まれた谷底盆地で、木ノ芽川上流の左岸に位置する。集落の中央を木ノ芽道(旧北陸道)が通る。古くは半原・繁原・般原とも記された。はじめ福井藩領、1624年(寛永1)小浜藩領、82年(天和2)には旗本酒井氏領(井川領)となった。村高は正保郷帳では716石余である。
竹内家は江戸時代には左近・左近五郎などと称し、すでに竹内の姓を名乗り、葉原村(宿)の庄屋ならびに宿問屋を務めている。
資料群の概要
当家の近世文書は(1)山論関係、(2)宿関係、(3)触書類、(4)その他に大別される。(1)は山境をめぐる五幡浦・江良浦との争論が中心であり、1711年(正徳1)には江戸出訴を行い、立合とする結論が出ているが、1736年(元文1)頃にも争っている。(2)は隣りの新保宿との宿荷物の継送をめぐる争論文書や、宿の人馬駄賃帳がある。(3)は御用木伐採を禁止するものや軍制改革の触などがある。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
資料編8 P.303-305 3点、通史編3 P.262
県史以外の収載
『敦賀市史』
複製本番号
M0410~M0413
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。