竹中竹右衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
M0023
資料群名
竹中竹右衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
敦賀郡莇生野村,粟野村莇生野,敦賀市莇生野
資料の年代
1758年(宝暦8)~1916年(大正5)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
莇生野村は敦賀平野の西部を流れる井ノ口川中流左岸に位置する。はじめ福井藩領、1624年(寛永1)小浜藩領、68年(寛文8)からは安房勝山藩領。村高は「正保郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」で1071石余。「旧高旧領」で1057石余。
竹中家は代々竹右衛門を称し、江戸期には莇生野村の庄屋を務め、明治初年には戸長を務めた。
資料群の概要
資料は(1)布令・布告類と、(2)その他に大別できる。(1)は1872年(明治5)-79年までの布告・布令、および1916年(大正5)の敦賀郡例規である。(2)は主に莇生野村の村方文書と戸長役場文書で、野坂領10か村関係、戸口関係(宗門人別、戸籍諸調・届、送籍、排月届など)、土地・土木・租税関係(地価取調帳、小作米取調、小作証文、人足、堤防普請など)、兵事(徴兵連名簿、兵営敷地関係など)、村費・民費、学校関係綴、神社・寺の初穂米簿(帳)、諸願書・覚などがある。
敦賀市史撮影フィルムからデュープした資料(資料番号01001-01451)のうち、『敦賀市史料目録3』と照合できた資料には、敦賀市史の文書番号と文書名を( )付で記した。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
通史編4 P.918、年表
県史以外の収載
『敦賀市史』、『敦賀市史料目録3』
複製本番号
M0954~M0975、M1625~M1656
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。