上田重兵衛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
K0004
資料群名
上田重兵衛家文書
地域(近世,行政村,現在)
足羽郡椙谷村,上宇坂村椙谷,福井市椙谷町(美山町)
資料の年代
1601年(慶長6)~1967年(昭和42)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
椙谷村は、足羽川中流の右岸に位置し、村高は277石余。正保郷帳には杉谷村と表記される。江戸時代を通じて福井藩領。
上田家は朝倉時代からの「郷士」「頭百姓」と伝え(「由緒書覚」)、代々十兵衛(重兵衛)を名乗った。太閤検地では、居屋敷地1反2畝が除地とされた。1714年(正徳4)の持高は、椙谷村で45石余、小宇坂嶋村で41石余であった。福井藩の組頭を務めた。18世紀中ごろから伊坂姓を称したことがあり、明治に入り上田姓を称した。また、足羽川筋品ケ瀬前の留川番役も務めた。1869年(明治2)引立方世話役手伝、70年里長、71年第10区組合総代、72年1月足羽郡第2区戸長、同年7月足羽県第10区戸長、76年6月敦賀県第36大区小2区戸長となる。また、明治末から昭和初期にかけて上宇坂郵便局長を務めた。
資料群の概要
江戸期の資料は、17世紀のものが多くみられる。これは、当家が福井藩の組頭を務めたことによると考えられ、(1)土地台帳、(2)給人知行所の年貢免状や皆済状、(3)組内村々の年貢関係、(4)福井藩法令、(5)用水関係、(6)川漁関係、(7)売券・借用証文類、(8)出入関係、などに分けられる。
(2)の給人知行所年貢関係資料は、福井藩の半知以前のもので他にみることができず、きわめて貴重なものであり、これに加えて十兵衛支配下の村々(蔵入地)の年貢資料もあり、これらをくらべることにより福井藩の年貢収納がよくわかる。
明治期の資料は、当家良助が、里長・組総代・戸長を務めた時期のものを中心に、(1)用状・達類、(2)戸籍・職業調関係、(3)引立所関係、(4)義免籾関係、(5)桑・蚕、物産関係、(6)地租改正関係、(7)村々の物成・盛・諸税関係、(8)用水・川除普請関係、(9)学校関係、などに分けられる。このほか、戸長を辞めた以降のものに、(10)椙谷村の盛・諸税関係、(11)上宇坂村役場関係、(12)昭和期の小作取立帳などがある。
否撮資料は、2回目の調査の際の約70点のみで、香典帳、趣法講などである。
利用条件
 
県史収載
資料編7 P.823-867 50点、通史編3 P.145-146・P.238・P.247・P.264・P.301・P.308・P.654、通史編4 P.166・P.396、通史編5 P.65・P.677
県史以外の収載
『美山町史』
複製本番号
K0008~K0090、K0177~K0270
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。