鈴木伝之助家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
J0129
資料群名
鈴木伝之助家文書
地域(近世,行政村,現在)
勝山城下
資料の年代
1691年(元禄4)~1967年(昭和42)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
鈴木伝之助(1843-1919)は、勝山藩士鈴木定八の長男として生まれる。叔父である藩の剣術師範鈴木定七に剣術を学び、勝山藩の剣術教授などとして活躍した。廃藩後は、吉田郡松岡町に転居し水車業を営むなどした。
2006年8月当館に寄贈。
資料群の概要
撮影資料は「公政館日誌」、「永記」、「水戸浪士、長州藩士騒動書抜」の3点。「公政館日誌」には、明治維新に伴う勝山藩の機構改革について詳細に記されている。
否撮カードは「鈴木伝之助(履歴)」、「勝山藩の剣道家-逝きし鈴木伝之助-」、「勝山藩の剣道家-逝きし鈴木伝之助-(大正8年7月18日付福井新聞の写し)」、「ふくい百年の人人(鈴木定七)」の4点である。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
J1666
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。