大蓮寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
J0081
資料群名
大蓮寺文書
地域(近世,行政村,現在)
大野郡勝山城下,勝山町沢町,勝山市沢町
資料の年代
1625年(寛永2)~1874年(明治7)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
品量山大蓮寺は日蓮宗の寺院。福井の妙国寺日然を開基とする。勝山藩主松平直基は1635年(寛永12)1月、母大蓮院が帰依した当寺に勝山河原の新開地20石余を寄進している。
資料群の概要
撮影資料約80点。資料編掲出の寄進状・安堵状や、門前除地に関するものなど寺領に関する資料が中心で、町旦那より寄進を受けた山に鎮守として建立した七面明神の勧化願などもある。このほか、勝山藩家臣の書状、借用証文、寺送り状などがある。
否撮カードは近代の借用証など6点。
利用条件
 
県史収載
資料編7 P.598-600 3点、通史編3 P.190
県史以外の収載
 
複製本番号
J0734~J0735
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。