鳥山新左衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
J0063
資料群名
鳥山新左衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
大野郡若猪野村,猪野瀬村若猪野,勝山市若猪野
資料の年代
1679年(延宝7)~1870年(明治3)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
若猪野村は九頭竜川右岸の河岸段丘上に位置し、はじめ福井藩領、1624年(寛永1)勝山藩領、44年(正保1)幕府領福井藩預所、86年(貞享3)幕府直轄領、92年(元禄5)から郡上藩領。村高は677石余。若猪野村には郡上藩の代官所が置かれ、鳥山家はこの村の庄屋を務めた。
資料群の概要
撮影資料約170点すべてが近世資料で、支配・土地・貢租・用水・山論など多岐にわたるが、女神川上流の平泉寺村・猪野口村との用水・境界争いと、九頭竜川の水を大渡村で取り入れ、若猪野、北市、下高島、上高島、下毛屋、畔川の6か村および勝山町の田地を潤す立合用水(大用水)に関する普請、争論関係資料が大部分を占める。資料編掲載の2通の傘連判状は、勝山藩領猪野口村との女神川筋の境界をめぐる争論に際し、村人の結束を強めるために作られたものである。
否撮カードは、近世の用水関係長帳類・売券など約40点。
利用条件
 
県史収載
資料編7 P.638-641 3点
県史以外の収載
『勝山市史』
複製本番号
J0609~J0619
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。