石塚半兵衛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
J0047
資料群名
石塚半兵衛家文書
地域(近世,行政村,現在)
大野郡宮地村,荒土村北宮地,勝山市荒土町北宮地
資料の年代
1742年(寛保2)~1872年(明治5)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
宮地村は九頭竜川中流右岸、水無山南麓に位置する。村高は343石余。はじめ福井藩領、1624年(寛永1)勝山藩領、44年(正保1)幕府領福井藩預所、86年(貞享3)以降幕府直轄領と変遷。84年(明治17)北宮地と改称。
石塚家は半兵衛を称し、庄屋など村役人を務めている。
資料群の概要
所蔵文書は約40点で、主なものは(1)年貢関係と(2)煙草荷物輸送関係である。(1)は勘定目録のほか、幕末期の江戸・大坂への廻米関係文書がある。(2)は大野郡の幕府領村々から福井城下へ送られる煙草荷物をはじめ諸物産に関するもので注目される。このほか細野口銅山の悪水をめぐる出入の内済証文もある。
否撮カードは年未詳の書簡類など7点。
利用条件
 
県史収載
資料編7 P.521-526 4点、通史編4 P.328
県史以外の収載
『勝山市史』
複製本番号
J0565
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。