旧平泉寺村役場文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
J0024
資料群名
旧平泉寺村役場文書
地域(近世,行政村,現在)
大野郡平泉寺村,大野郡平泉寺村,勝山市平泉寺町平泉寺
資料の年代
1884年(明治17)~1961年(昭和36)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
平泉寺村は1889年(明治22)から1954年(昭和29)の大野郡の自治体で、九頭竜川中流右岸に位置する。岡横江・平泉寺・大渡・赤尾・笹尾・壁倉・岩ケ野・大矢谷・小矢谷の9か村が合併して成立し、旧村名を継承した9大字を編成した。54年勝山市の一部となり、当村の9大字は平泉寺町を冠称して同市の大字に継承された。
資料群の概要
撮影資料389点のうち20点が資料編に収載されている。資料群は、議事・庶務・社寺・学事・衛生・兵事・地理土木・勧業・農地・戸籍・消防・選挙などに関する簿冊類である。とくに兵事関係が多い。
1937年(昭和12)11月12日付の馬匹の徴発に関する陳情書では、応召による男子労働力の不足に加え、馬匹徴発による農耕馬の不足をきたした農村の窮状がうかがえる。また「集団帰農開畑関係書類綴」は、敗戦直後の危機的食糧事情をあらわす資料である。
1892(明治25)-1922年(大正11)の「県布令」のなかには新たに見つかった号数のものが数多くある。
否撮カードは661枚。
利用条件
閲覧できない資料あり。
県史収載
資料編12上 P.76-80 2点・P.360-361・P.406-407・P.413-417・P.434-448 5点・P.461-470 2点・P.473-487 3点・P.704-709 3点・P.973-977、資料編12下 P.7-11 2点・P.13-17・P.78-80・P.219-221・P.405-406・P.424-428 2点・P.430-431・P.434-435・P.438-439、通史編5 P.325・P.424・P.431、通史編6 P.275-276・P.299・P.386・P.388・P.446・P.449
県史以外の収載
『勝山市史』
複製本番号
J0164~J0277、J0299~J0319、J0957~J1099
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。