賢龍寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
I0122
資料群名
賢龍寺文書
地域(近世,行政村,現在)
大野郡小矢戸村,下庄村小矢戸,大野市小矢戸
資料の年代
年未詳~年未詳
資料目録件数
 
組織歴および履歴
一乗山賢龍寺は浄土真宗大谷派の寺院。創建については未詳。
小矢戸村は禅師王子山の南麓に位置し、南東は西大月村、南東は大矢戸村に接する。はじめ福井藩領、1624年(寛永1)から大野藩領、82年(天和2)から幕府と大野藩の割郷。「正保郷帳」によれば石高は田方815石余、畑方165石余。
資料群の概要
撮影文書は顕如・一如の消息各1点と、六字名号1点の計3点で、いずれも軸装されている。
否撮文書は1点(実如筆六字名号)。
利用条件
 
県史収載
資料編7 P.122 1点
県史以外の収載
『大野市史』
複製本番号
I1125
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。