山田三郎兵衛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
I0011
資料群名
山田三郎兵衛家文書
地域(近世,行政村,現在)
大野郡今井村,上庄村今井,大野市今井
資料の年代
1598年(慶長3)~1939年(昭和14)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
今井村は大野盆地の南端、真名川左岸に位置する。1598年(慶長3)の太閤検地帳の村高は481石1斗であったが、1673年(寛文13)の福井藩の新田検地で57石4斗余増加した。24年(寛永1)福井藩領から木本藩領となり、その後1635年(同12)幕府領福井藩預り、37年福井藩領、86年(貞享3)幕府領、1720年(享保5)鯖江藩領、1862年(文久2)幕府領と変遷している。真名川の作る扇状地の扇頂部に位置するため、当村の所属する堀兼用水と下流の大井用水との取水をめぐる争い、対岸佐開村との普請箇所をめぐる争いなどがあった。
当家は代々三郎兵衛を称し庄屋などの村役人を務めた。1873年(明治6)「敦賀県区分表」では山田儀三郎(1835-1902)が副戸長を務めている。その後儀三郎、三郎(1867-1928)の二代にわたり県会議員および上庄村長を歴任した。三郎の孫、文雄は元福井新聞社副社長。
2010年2月、当館へ寄贈。
資料群の概要
約1500点のうち、1406点を撮影。
近世文書が大半をしめ、(1)年貢関係、(2)用水関係、(3)その他庄屋文書、(4)家文書 などに分けられる。
(1)年貢関係では1698年(元禄11)から1870年(明治3)の割付状107通、1784年(天明4)から1871年(明治4)の皆済状78通をはじめ、近世後期の物成割付帳、小検見引方帳、盆暮の村盛帳、「物成米金割賦帳」などがある。
(2)用水関係は諸普請仕様帳、争論関係の諸証文、用水関係入費割帳類が大部分をしめる。
(3)は太閤検地帳や1673年(寛文13)の新田検地帳、1721年(享保6)と1860年(安政7)の村明細帳のほか、人別帳、難渋人改帳、諸触・村法等がある。
(4)家文書としては小作米請取帳がある。
近代文書は明治10年代までの戸長役場文書や地租改正関係帳簿類などで、1874年(明治7)の戸籍帳(佐開、五条方、今井、平沢地頭、平沢領家の各村)や諸進達書類の綴りがある。ただし、諸進達綴りには抄撮影のものがある。
否撮資料は丈量野取帳など95点。
利用条件
 
県史収載
資料編7 P.473-487 4点、通史編3 P.138 P.143
県史以外の収載
『大野市史』
複製本番号
I0059~I0065、I0390~I0437、I1774~I1937
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。