宮川五郎右衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
H0039
資料群名
宮川五郎右衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
南条郡大谷村,河野村大谷,南越前町大谷(河野村)
資料の年代
1597年(慶長2)~1858年(安政5)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
大谷浦は、1598年(慶長3)には大谷吉継が支配し、江戸時代に入って福井藩領となった。村高は72石余で、家数は、1852年(嘉永5)で61軒(高持31、雑家30)であった。
宮川家は向山治郎右衛門家とともに庄屋等を務めた。 同家文書は、1982年の県史調査以前に一部が女子美術大学の所蔵となっており、その後99年にこの女子美所蔵分は、河野村の所蔵となった。
資料群の概要
宮川家に残されたものは、近世に入って作成された729年(天平1)「大谷浦立始候四至堺目事」という地堺争論に使用された偽文書や、資料編収載の福井藩成立当初の年貢皆済状など6点にすぎないが、女子美大から河野村に所蔵替となった分は、同大学の調査によれば、約13000点におよぶ。このうち撮影分は約200点(目録作成時点で430点に細分化されている)で、ごく一部にすぎないが、向山治郎右衛門家文書と併せ見ることで、中世末から近世の大谷浦の動向をほぼ一貫して追うことができる。
内容は(1)法令布達(2)土地(3)貢租(4)村方(5)戸口(6)普請(7)商業(8)村方騒動(9)水戸浪士関係(10)家(11)日記(12)近代に分類されており、向山家(H0029)と共通する部分が多いので同家の概要を参照されたい。
特徴的なものとして、当浦が小浜藩領(後に鞠山藩領)比田浦に接していたことや、磯廻り船による河野浦と敦賀湊との間の物資輸送が盛んで、当浦がその中間点にあたることなどにより、福井藩の口留番所が置かれていたことから、(1)に沖ノ口の「止め」と「明け」の指令書が約40通あり、年代は確定できないが、福井藩の流通政策の一端をうかがうことができる。
(11)は近世後期から明治初年にかけての日記類で、様式、記載内容は様々であるが、(10)に含まれる私的な内容のものも含めると10冊ある。なかでも、1747年(延享4)「丁卯ノ年用日記」は敦賀湊の船の出入や、商人の様子について細々とした記述がある。また「大谷浦村法諸事日記」には85年(天明5)3月、敦賀湊において、大谷浦の持舟5艘が難舟した記事があり、丸潰三艘の舟主(五郎右衛門、左衛門太郎、仁兵衛)、半潰2艘の舟主(刀祢、向山)の名が上がっており、有力な農民は舟を持ち、敦賀湊を中心に商業を営んでいたことがわかる。
1848年(嘉永1)5月には「異国イキリス運船数艘入国につき邑中締り方」として「夜中はかかり焼き、昼は竿先へ白木綿をくくり多勢に見せかけ、岡方へ上らす様仕組、家中に明松用意させ村役厳重に締り致させ」と福井藩の対応策を記している。海岸防備に関する記事は多く、1863年(文久3)5月10日の福井藩の米国製木製蒸気船黒龍丸の入港についても、「五月十日越前様御手船異国船同様船敦賀入船有之也」と記している。一方では、1785年(天明5)12月の記事に「雑家次郎兵衛乞食に罷出、子供弐人江戸表に罷有候由」との藩の吟味に対する口書で「下地困窮の村方近年凶作にて弥増に困窮に落入、村過半乞食に罷出候所、昨冬より当春に至、不残罷帰候」と天明飢饉下の状況が記される。そして、次郎兵衛のみ行方知れずで、すでに大庄屋に届け出済みであること、その後の調べで次郎兵衛は昨年4月頃府中で病死し、妻子の行方はわからないこと、子供は3人だが該当するとすれば、次弟が13歳、末娘が8歳であると届けている。飢饉下、江戸の人口流入増への対応策の一端を見ることができる。
(12)は12点撮影されているだけであるが、(年未詳)「越前国南条郡大谷浦政表」は1875年(明治8)から81年(同14)にかけて陸軍参謀本部により作成された『共武政表』の個表原稿である。明治前期には戸長、副戸長を務めており、ほかにも大量の戸長役場文書があると思われる。
利用条件
 
県史収載
資料編6 P.944-952 9点、通史編3 P.438・443、通史編4 P.409・P.690
県史以外の収載
『河野村誌』
複製本番号
H0329
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。