金粕区有文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
H0011
資料群名
金粕区有文書
地域(近世,行政村,現在)
南条郡金粕村,北杣山村金粕,南越前町金粕(南条町)
資料の年代
1622年(元和8)~1934年(昭和9)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
金粕村は日野山の南、日野川支流金粕川上流域に位置する。はじめ福井藩領、1686年(貞享3)幕府領、1758年(宝暦8)から美濃郡上藩領となる。村高は「正保郷帳」には金糟村と記され392石余、「元禄郷帳」以降金粕と記される。「天保郷帳」「旧高旧領」では341石余。
当地の憶念寺文書に1807年(文化4)の火事で全集落が焼失したとあり、そのためか古文書類はあまり残っていない(『南条町誌』)。
資料群の概要
撮影資料は簿冊類等7点。上野村など近隣の村々との山論に関する資料(取替証文綴、裁判記録など)や山絵図など。
否撮カードはないが、『南条町誌』には金粕区有の文書として県史未調査の資料を収載しており、他にも資料を所蔵している可能性がある。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
H0066~H0068
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。