前川三左衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
H0005
資料群名
前川三左衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
南条郡大桐村,鹿蒜村大桐,南越前町大桐(今庄町)
資料の年代
1616年(元和2)~1751年(宝暦1)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
大桐村は鹿蒜川上流の山村である(大桐区有文書参照)。前川家は三左衛門を称することが多く、村役人を務めたこともある。
資料群の概要
近世資料のみで、1616年(元和2)の大桐村検地帳、四壁改、年貢関係、高家人改帳、田地売券、願書などがある。
当村の年貢率は、1698年(元禄11)6割、1745年(延享2)7割4分と高く、これは灰焼業によるものと考えられる。このほか、山手塩172俵(銀731匁)を納入しているが、これは「四ケ浦山手」とよぶもので、大桐山中・新道・二ツ屋の3か村のおろし山として小浜藩領大比田・横浜・杉津・阿曽の4か浦からうけとったものであり、大桐村から上納されていた。
否撮カードは43枚。江戸期の資料のみで、水帳・村明細帳、年貢関係、人馬改帳、触、売券類などである。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『今庄町誌』 『南条郡古文書目録』『今庄町古文書目録』
複製本番号
 
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。