粟生寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
G0512
資料群名
粟生寺文書
地域(近世,行政村,現在)
今立郡粟田部村,粟田部村,越前市粟田部町(今立町)
資料の年代
1848年(嘉永1)~1884年(明治17)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
粟田部村は、行司ケ岳(通称三里山)の東南麓に立地する在郷町で、江戸時代を通じ福井藩領であった。村高は1633石余、1789年(寛政1)の戸口は373戸、1458人の大村で、町場を形成して21か町からなっていた。今立郡の山間部と府中・鯖江両町などとの結節点にあたり、物資の集散地として商業活動が活発であった。
当寺は、天台真盛宗。寺伝によれば天平年中(729-749)泰澄の開創、その後長く衰亡していたが、延徳年中(1488-92)近江坂本西教寺の真盛の弟子真一が再興したという。また1622年(元和8)には松平忠直が当寺の什物であった天下無双の絵賛を召上げた代りに寺領10石を寄進したという。
資料群の概要
撮影資料は、明治期の本山寺務所からの書類や教導職の辞令などの綴り、および寺院明細の綴りなど5点。粟生寺文書として資料編に掲載されている、1533年(天文22)の朝倉家臣小泉長利による田畠寄進状(写)など中世文書2点は、松平氏歴代の寺領安堵状などとともに、当寺の檀中惣代を務めた木津群平家に伝来している。
なお、複製本(G0457)に木津群平家文書としてある「由緒什物類書扣」は「今立町誌文書目録」により当寺文書に訂正した。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『今立町誌』
複製本番号
G0455、G0457
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。