木津群平家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
G0510
資料群名
木津群平家文書
地域(近世,行政村,現在)
今立郡粟田部村,今立郡粟田部村,越前市粟田部町(今立町)
資料の年代
1553年(天文22)~1883年(明治16)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
粟田部村は、行司ケ岳(通称三里山)の東南麓に立地する在郷町で、江戸時代を通じ福井藩領であった。村高は1633石余、1789年(寛政1)の戸口は373戸、1458人の大村で、町場を形成して21か町からなっていた。今立郡の山間部と府中・鯖江両町などとの結節点にあたり、物資の集散地として商業活動が活発であった。
当家は、粟田部の代表的な旧家で、撮影資料では判明しないが、『今立町誌』によれば、「江戸初期以来次左衛門の家名を称して、元禄・寛延・寛政・嘉永などの当家記録に庄屋・長百姓・惣締の役職についており、明治以降は区長・村長・郡会議員・県会議員などの任にあたった」とある。粟田部村の「元禄十三年土目録」(『今立町誌』所収)の「高百四拾三石八斗弐升弐合 木 治左衛門」が当家のことならば、当時すでに町一番の高持である。
資料群の概要
撮影資料は、(1)当家関係15点と(2)粟生寺関係資料12点からなる。(1)には、江戸時代中期のうるしかき関係資料があり、たとえば1697年(元禄10)「預り申金子之事」では、うるしかき職人に漆木買入資金を貸付け、かき出したうるしを残らず渡すように取きめており、宝暦期(1751-1764)では漆木を質に金を貸していることがわかる。このほか「村方高指引写」では1819年(文政2)から55年(安政2)の間、粟田部村の高持の変遷がわかる。
(2)は当家が粟生寺の檀中惣代を務めたことによるとおもわれ、1533年(天文22)の朝倉家臣小泉長利による田畠寄進状(写)や松平氏歴代の寺領安堵状などがある。このうち、中世文書2点は、粟生寺文書として資料編に掲載されている。
なお、通史編4には当家文書として、五分市鋳物師の吹屋再興の資料が紹介されているが、該当資料は見当たらない。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
資料編6 P.527-528 2点
県史以外の収載
『今立町誌』
複製本番号
G0452~G0453、G0457
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。