成願寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
G0021
資料群名
成願寺文書
地域(近世,行政村,現在)
今立郡岩本村,岡本村岩本,越前市岩本町(今立町)
資料の年代
1579年(天正7)~1870年(明治3)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
岩本村については、岩本区有文書の解説を参照されたい。
成願寺は、寺伝によれば、もと天台宗で粟田部村にあったが、1290年(正応3)時宗二世他阿真教が当地に遊行の際改宗し、94年(永仁2)現在地に移ったという。時宗では長崎称念寺が近世初頭から触頭をつとめており、本寺への後住願いなどのさいには、触頭の添状を必要としたが、成願寺は1641年(寛永18)から、後住願の際にも称念寺の添状を必要としない別格の寺院であった。
なお1778年(安永7)住持其阿玄道が「遊行二世他阿上人法語」8巻を開板したが、板木は京都七条道場(金光寺)に寄進された。
資料群の概要
資料編収載文書3点のうち最も古い「佐々成政禁制」は写ししか伝存しない。「略縁起」「什物記」「成願寺記録」「成願寺記録留」などの冊子類のほかは、ほとんどが本山の藤沢清浄光寺遊行上人からの書状で、寺格や前述の法語開板に関することもあるが、大半は年賀の挨拶などである。なおこの書状は大半が内田家あてのものである。内田家は当地きっての旧家で当寺の「檀頭」を務めており、当寺との関係は深く、1935年(昭和10)内田家が岩本の地を離れる際、「伝世の文書中、羽柴秀吉禁制状、太閤検地帳など、村に関するものは岩本区有文書中に移し、寺に関する一切は成願寺文書に入れた」(「福井県史しおり」1987. 3.15)と当主内田穰吉氏が記述しているので、あるいはこれらの書状はその一部かとも思われるが、同氏はまた「成願寺文書は県史編さんにあたっても未調査のまま残された」とも書いており、詳細は不明である。このことの確認のためにも、再調査が望まれる。
利用条件
 
県史収載
資料編6 P.526-527 3点
県史以外の収載
『今立町誌』
複製本番号
G0210~G0211、G0450~G0451
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。