蓑輪又兵衛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
G0017
資料群名
蓑輪又兵衛家文書
地域(近世,行政村,現在)
今立郡八石村,岡本村八石,越前市八石町(今立町)
資料の年代
1584年(天正12)~1939年(昭和14)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
八石村は月尾谷の中ほどに位置し、江戸時代は、はじめ福井藩領、1686年(貞享3)幕府直轄領、92年(元禄5)土岐頼殷領、1712年(正徳2)再び直轄領、20年(享保5)鯖江藩領となった。石高は、100石余。
当家は、慶長3年の検地帳に名がみえ、享保期以降庄屋や長百姓を務めた。
資料群の概要
当家資料は、(1)1584年(天正12)「羽柴秀吉朱印状」、(2)土地関係、(3)年貢割付状、(4)その他の近世資料、(5)近代資料からなっている。
(1)秀吉朱印状は、羽柴秀吉が信濃国木曾の武将木曾義昌に宛てたもので、織田信雄・徳川家康と対立し、同年4月に小牧・長久手の戦で秀吉側が敗北した後に、反撃に移ろうとした時期の書状である。この文書が当家に伝わった経緯は明らかでない。
(2)1598年(慶長3)の検地帳、1672年(寛文12)の水帳、1779年(安永8)「今立郡八石村内検見御案内帳」などがある。
(3)は1686年(貞享3)以降幕末までの約180年間にわたる年貢割付状(一部、皆済目録)が、10年ほどを除いてほぼ揃っている。
(4)その他では、1776年(安永5)に雑木・村諸雑用について取り決めた村締一札、1841年(天保12)の長五村との用水争論の済口証文などがある。
(5)近代資料は、明治10年代以降の八石区有文書の一部が残されており、役場諸達綴、1907年(明治40)の村社八幡神社整理関係、今立郡・岡本村農会関係などが含まれる。
否撮資料は、170点あまりで、宝永期以降の物成金受取通など長帳類が約150点と借用証文などである。
利用条件
 
県史収載
資料編6 P.557 1点
県史以外の収載
『今立町史料目録』
複製本番号
G0019、G0161~G0166、G0239~G0244
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。