藤井権左衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
F0036
資料群名
藤井権左衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
丹生郡西番村,立待村西番,鯖江市西番町
資料の年代
1580年(天正8)~1874年(明治7)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
西番村は、吉江藩の陣屋が置かれた牛屋村の北東に隣接し、当村内にも組屋敷や町屋が置かれた。村高は786石余で、はじめ福井藩領、1645年(正保2)吉江藩領、74年(延宝2)から再び福井藩領となった。
当家は西番村の村役を務めていた。
資料群の概要
撮影資料は、(1)村方文書、(2)社寺関連、(3)私家文書に大別され、多くは(1)が占めている。
(1)では、土地や年貢関係の冊子類は少ないが、反別改帳(1670年、1786年)、家数などの改帳(1756年、1826年、1828年)がある。一紙資料では、日野川をはさんだ甑谷村との川除普請をめぐる争論や飛地についての上石田村との争論の願書、内済証文などがある。また、文政期以降、本百姓と雑家との間で、あるいは大前・小前との間で割方や諸算用をめぐってたびたび争論が起こっている。
(2)には、当家資料のなかで最も古い、石山合戦時の教如の消息が含まれる。(3)は、近隣の村々の借用証文、売券であり、吉江西町の請屋敷証文や栃川村の藍代銀借用証文が含まれる。
否撮資料は、冊子・長帳類では、反別帳(1797年)、明治期の川除人足帳、土地所有連名簿、徴兵連名簿など、一紙資料では年不詳の願書、物成銀通などで約30点である。
利用条件
 
県史収載
資料編5 P.183 1点
県史以外の収載
『福井県古文書所在調査報告書』『鯖江市史』
複製本番号
F0153~F0154
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。