西光寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
F0034
資料群名
西光寺文書
地域(近世,行政村,現在)
丹生郡杉本村,立待村杉本,鯖江市杉本町
資料の年代
1595年(文禄4)~1910年(明治43)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
西光寺は石田山西光寺と号し、浄土真宗本願寺派。本願寺五世綽如の三男周覚(吉田郡上志比村興行寺開祖)の長男永存を開祖とし、丹生北郡石田庄に草創された。本願寺七世存如の布教留錫の地であり、江戸時代は准連枝格の寺であった。(なお、資料編解題には周覚について本願寺六世功如の三男とあるが、正誤は不明。ただし、この所蔵者情報には当寺由緒書の記述を採用した。)
当寺五代真敬は、1575年(天正3)一揆平定のため織田信長が越前へ侵攻したとき、木ノ芽峠の鉢伏城に立てこもり、同年8月16日敗死した。95年(文禄4)、長谷川嘉竹(足羽郡東郷の長谷川秀一の父。なお、秀一は前年の8月に出兵先の朝鮮で死去。)から現在の寺地を寄進されて寺基を移し、その後諸役を免許された。
寺基がおかれた杉本村は935石余、はじめ福井藩領、1645年(正保2)吉江藩領となる。当寺の北、牛屋村に吉江藩の陣屋がおかれると、藩主松平昌親から保護を受けた。74年(延宝2)昌親は本藩である福井藩を継ぎ、吉江を離れたが、その後も保護を受けた。寺内塔頭に蓮生寺・報恩寺、末寺に西蓮寺など7か寺があった。
資料群の概要
当寺の調査点数は約450点、このうち約300点を撮影した。
1595年(文禄4)の長谷川嘉竹判物を初出とするが、このほかに年未詳の本願寺顕如消息写がある。資料は、(1)一揆後、現在地を寄進した長谷川嘉竹関係資料、(2)吉江藩・福井藩関係資料、(3)寺院関係資料に分かれる。
このうち、(2)には昌親(昌明・吉品)時代のものが多く、藩主や家臣の書状類である。昌親は1667年(寛文7)には当寺へ仏壇を寄進するなど保護を与えている。一方、当寺は昌親の帰国のさいに今庄宿まで御機嫌伺の使者を遣わしたり、年頭などにあたって祝儀品を贈ったりしている。
(3)は、本願寺法主関係、本願寺坊官書状、西光寺関係、存如塚(存如上人墓)関係、末寺争論関係資料に分かれる。本願寺関係には、顕如・准如消息のほか、坊官書状が80点余ある。坊官書状の内容は、末寺にかかわること、本山への志納金や仏供料、年頭祝儀、巡讃御免に関するものである。末寺争論関係資料は、当寺では「七難」とよんでおり、末寺との式法争論にかかわるものである。末寺は、江戸時代はじめに末寺として寺号を得た真光寺など8か寺であったが、このうち専光寺が1727年(享保12)に真宗大谷派に改派離末し7か寺となった。これを契機に、当寺は35年に掟書を定めるなどして末寺7か寺の統制を行っている。その後、1830年(文政13)2月福井掛所から邪宗門改をきびしく申し渡されたのを機に、末寺7か寺と古法作法をめぐり争論となった。これは、同年9月徳法寺を除く末寺6か寺が誤り証文を差し出して終わったが、徳法寺との争いはその後も続き、翌31年10月幕府への提訴となった。これにともない、前年に誤り証文を提出していた6か寺についても争いが再燃することとなった。しかし、末寺側の主張は通らず、末寺側は非を認め、熟談となり訴えは取り下げられて、同年閏11月一件は落着した。この経過については、「出府日記」から詳しく知る事ができる。
このほか、鋳物師関係資料がある。1659年(万治2)、島村の庄兵衛によって2尺3寸の喚鐘が鋳造されている。この庄兵衛は南条郡島村の鋳物師と考えられ、南条郡島村における鋳物師の存在を裏付ける資料である。
否撮資料には、本願寺諸役免許状や坊官書状、西光寺口上書などがある。
利用条件
 
県史収載
資料編5 P.78-89 15点、通史編2 P.775・P.777・P.1005・P.1008・P.1009、通史編3 P.25・P.74・P.79・P.139・P.672・P.674・P.690・P.703
県史以外の収載
『鯖江市史』『越前若狭古文書選』
複製本番号
F0143~F0150
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。