馬場一郎家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
F0033
資料群名
馬場一郎家文書
地域(近世,行政村,現在)
丹生郡杉本村,立待村杉本,鯖江市杉本町
資料の年代
1467年(応仁1)~1766年(明和3)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
杉本村は日野川中流右岸に位置し、江戸時代ははじめ福井藩領、1645年(正保2)吉江藩領、74年(延宝2)からふたたび福井藩領であった。村高は935石余。
資料群の概要
当家文書は、5点撮影され、うち4点が資料編に収載されている。収載文書はいずれも中世資料である。名主または番頭と思われる豊縄への田地宛行状1点、朝倉氏一乗谷奉行人の魚住景栄・景固の服部・大村両氏(魚住氏の代官と考えられる)への書状3点である。
資料は、事情により2度撮影否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
資料編5 P.136-137 4点
県史以外の収載
『鯖江市史』
複製本番号
F0157~F0277
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。