舘庄兵衛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
F0032
資料群名
舘庄兵衛家文書
地域(近世,行政村,現在)
丹生郡和田村,豊村和田,鯖江市和田町
資料の年代
1720年(享保5)~1930年(昭和5)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
和田村は丹生山地東端の三床山の東麓に位置する。はじめ福井藩領、1686年(貞享3)幕府領、97年(元禄10)高森藩領、のち幕府領、1758年(宝暦8)から美濃郡上藩領。村高は江戸時代を通して558石余。
舘家は和田村の庄屋等の村役を勤めていた。
資料群の概要
江戸中期から昭和初期にかけての和田村に関する資料122点を調査・撮影。資料は(1)用水・溜池関係、(2)年貢・土地関係、(3)村関係、(4)近・現代資料に大別できる。(1)は用水出入や普請帳、(2)は災害・悪作に関する願書、田畑坪小目録、収納通、皆済目録、年貢受取覚、(3)は五人組帳、宗門改、願書、御触写、御用留などである。(4)には大正期に農業の副業として奨励された藺草栽培に関する資料がまとまってある。他には寺由緒書や和田村尽誠小学校関係書類などがある。
否撮カードは願書、村送りなど7枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『鯖江市史』、「福井県古文書所在調査報告書」
複製本番号
F0124~F0130
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。