増田新左衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
E0098
資料群名
増田新左衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
丹生郡余田村,吉野村余田,越前市余田町(武生市)
資料の年代
1672年(寛文12)~1871年(明治4)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
余田村は日野川中流左岸、三床山南東麓に位置する。はじめ福井藩領、1686年(貞享3)幕府領、1758年(宝暦8)村高のうち471石が美濃郡上藩領となる。村高は「正保郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」で1374石余、「旧高旧領」は幕府領902石余、美濃郡上藩領471石余にわけて記している。また幕府領、郡上藩領それぞれに庄屋以下三役が置かれたが、村として互いに協力しあっていた。
増田家は余田村の庄屋などの村役を勤めていた。
資料群の概要
村明細、五人組帳、用水関係、文芸関係など21点の資料を調査・撮影(約130通ある借用証文はまとめて1点とした)。文芸関係では撮影した山東京山の『先読三国小女郎』(後欠)以外にも『世界国尽』や浄瑠璃正本などがある。
否撮カードは金銭出納帳、田畑𢩹帳、戸籍改など81枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
E0723~E0725
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。