齋藤実家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
D0038
資料群名
齋藤実家文書
地域(近世,行政村,現在)
丹生郡本折村,志津村本折,福井市本折(清水町)
資料の年代
1598年(慶長3)~1922年(大正11)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
本折村は丹生山地東端、志津川上流の谷間に位置する。はじめ福井藩領、1645年(正保2)松岡藩領、1721年(享保6)からは再び福井藩領。
齋藤実家の先祖は斉藤実盛の弟実員で、兄実盛が篠原の戦いで戦死した後本折に帰り、百姓となって土着したといわれている(『清水町史』)。
2013年1月、当館へ寄贈。
資料群の概要
本折村検地帳、袴椽上の願書、地租改正関係資料、系図等19点の資料を調査・撮影。
否撮カードは小作年貢帳、土地名寄帳等9枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『清水町史』
複製本番号
D0821~D0822
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。