高柴忠左衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
C0110
資料群名
高柴忠左衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
坂井郡泥原新保浦,坂井郡新保村,坂井市三国町新保(三国町)
資料の年代
1835年(天保6)~1866年(慶応2)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
泥原新保浦は三里浜最北端、九頭竜川河口左岸に位置する。福井藩領で村高は江戸時代を通して461石余。
高柴家は江戸後期から明治期にかけて廻船業等に従事していた。
資料群の概要
金銭の出入や高柴家の由緒を記した「記録」や借用証文、覚等18点の近世資料を調査・撮影。
否撮カードは覚など6枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『坂井郡古文書目録』
複製本番号
C1014
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。