北山賢一家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
C0086
資料群名
北山賢一家文書
地域(近世,行政村,現在)
坂井郡金元村,鳴鹿村金元,坂井市丸岡町金元(丸岡町)
資料の年代
1784年(天明4)~1944年(昭和19)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
金元村は加越山地のふもと九頭竜川右岸に位置する。はじめ福井藩領、1645年(正保2)松岡藩領、1721年(享保6)以降再び福井藩領。村高は江戸時代を通じて127石余。
北山家は金元村の庄屋などの村役を勤めていた。
2015年9月一部当館寄贈。
資料群の概要
撮影資料は江戸後期から昭和戦前期にかけての71点で、近世資料は土地・年貢関係、宗旨改帳、盛銀人別指引帳など、近代資料は地租改正関係、戸長役場からの通達、予算決議書など。
否撮カードは、役場関係書類、諸覚、借用証文、書状、『中央政府・福井県庁公文全報』など25枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
C2711-C2716
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。