大門区有文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
C0060
資料群名
大門区有文書
地域(近世,行政村,現在)
三国浦大門町,三国町大門,坂井市三国町山王(三国町)
資料の年代
1681年(天和1)~1906年(明治39)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
大門町は九頭竜川と竹田川の合流点付近に位置する。町内には町会所・制札場・口銭役所・郡方出役の役宅があり、三国湊の官庁街を形成していた。
資料群の概要
撮影資料は、大門区の諸記録を書き留めた「大門町日記」「大門町記録」、触状の写、人足控など区の共有文書が大部分である。大門町記録によれば、元禄年間には左義長や山王宮祭礼の際に山車を出すなど、年中行事が盛んになっていたことが知られる。
1870年(明治3)の「柿商売人別覚」には現福井市鶉・棗地区の資料が含まれているが、伝来の理由は分からない。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『三国町史料』
複製本番号
C0409~C0419
備考
大門区は山王・南本町にまたがる。
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。