宗石良雄家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
C0045
資料群名
宗石良雄家文書
地域(近世,行政村,現在)
坂井郡後山村,剣岳村後山,あわら市後山(金津町)
資料の年代
1679年(延宝7)~1895年(明治28)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
後山村は劔ケ岳の南部に位置する。枝村に東山・鳥越があった。はじめ福井藩領、1686年(貞享3)幕府領、1820年(文政3)からは再び福井藩領。村高は江戸時代を通して1192石。
宗石氏は代々後山村の庄屋を勤め、後山組17か村の組頭も勤めた。
資料群の概要
江戸期から明治期にかけての資料61点を調査・撮影。江戸期の資料は村関係(願状、村触、高家人馬改帳など)、年貢関係(免状、割付など)、用水関係(溜池・引水をめぐる近隣の村との争論など)などである。明治期の資料は地租改正関係、枝村の分村関係、新聞などである。新聞には杉田定一らが創刊した「北陸自由新聞」もある。
否撮カードは証文類など23枚。
利用条件
 
県史収載
図説 P.193
県史以外の収載
 
複製本番号
C0326~C0327、C0398、S0265
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。