吉野則夫家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
C0038
資料群名
吉野則夫家文書
地域(近世,行政村,現在)
坂井郡前谷村,坪江村前谷,あわら市前谷(金津町)
資料の年代
1713年(正徳3)~1884年(明治17)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
前谷村は金津の東南、剣ケ岳の麓、権世川と熊坂川に挟まれて位置する。江戸時代を通じて村高は139石余。1686年(貞享3)に福井藩領から幕府領となり、1820年(文政3)から再び福井藩領となった。
吉野家は前谷村の庄屋などの村役を勤めていた。
資料群の概要
年貢(納方通、皆済目録、年貢割附など)、土地、用水(願書、普請)等に関する資料を中心に94点を撮影。前谷村は隣の笹岡村に60石の越石を持っており、それをめぐる訴訟の資料がまとまって残っている。他には板取口関所手形、明治期の地租改正関係資料などがある。
否撮カードは願書・証文類など35枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『金津町坪江の郷土史』
複製本番号
C0320~C0322
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。