照順寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
C0016
資料群名
照順寺文書
地域(近世,行政村,現在)
坂井郡浜坂浦,吉崎村浜坂,あわら市浜坂(芦原町)
資料の年代
1598年(慶長3)~1880年(明治13)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
浜坂浦は北潟湖東端に位置し大聖寺川が入り込む湾口の港として栄え、日本海の砂丘地をもつ。高は「正保郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに245石余。
照順寺は浄土真宗本願寺派の寺院で、1598年(慶長3)の検地で除地になったと伝えられ、由緒書によると1671年(寛文11)には羽ケ瀬船12艘を所持していた。
資料群の概要
54点の資料を撮影した。(1)照順寺に関する資料と(2)浜坂浦に関する資料に大別できる。(1)は除地に関するもの、寺格・由緒、諸免許状(中世資料1点あり)など、(2)は検地帳、冥加銀人別帳、御物成通帳、雑家算用帳、人別改帳、戸籍改帳などの帳面類である。他には「浜詰」の売券などがある。
否撮カードは「蓮如御文」3枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『芦原町史』
複製本番号
C0101~C0112
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。