田中宗岳家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
B0010
資料群名
田中宗岳家文書
地域(近世,行政村,現在)
吉田郡京善村,志比谷村京善,永平寺町京善(永平寺町)
資料の年代
1611年(慶長16)~1713年(正徳3)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
京善村は、九頭竜川支流永平寺川流域の志比谷の中間に位置する。江戸時代を通じて福井藩領で村高554石余である。
田中家は同村の庄屋役を務めた家柄と思われる。
資料群の概要
当家では140点を調査し、内55点を撮影している。その大部分は1648年(慶安1)から1712年(正徳2)頃にいたる田畑・山・屋敷などの売買や質入れに関する証文類である。ほかに困窮による救恤願や猪・鹿などの被害に対する威鉄砲願、争論における内済証文などがある。また、1611年(慶長16)の「諏訪間村新助・弥七郎井料米ニ付請証文」は近世初期の用水関係文書として貴重である。
否撮文書は85点あり、ほとんどが田畑・山・屋敷地などの売買に関する証文類である。そのなかには明治期のものも若干ふくまれる。
利用条件
 
県史収載
資料編4 P.83-84 1点
県史以外の収載
『永平寺町史』
複製本番号
B0040
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。