法興寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0532
資料群名
法興寺文書
地域(近世,行政村,現在)
福井城下上三橋町,福井市照手下町,福井市照手
資料の年代
1516年(永正13)~1600年(慶長5)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
当寺は建長年中(1249-56)の創立とされる。室町中期に真宗高田派法光寺(福井市栃泉町)を分立するなどして一時荒廃したが、1517年(永正14)融国正考の時、一乗谷外の田治島の字三橋に寺を再興した。朝倉氏の滅亡後北庄に移り、「三橋の法興寺」と呼ばれ、その門前町から三橋町の町名が起こった。1945年(昭和20)の戦災後現在地に移った。
資料群の概要
資料編収載の5点のみ残存。2点は田治島時代の綸旨、残り3点は北庄時代のもので、天正年中の北庄城下を知る数少ない資料。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
資料編3 P.469-470 5点
県史以外の収載
 
複製本番号
A0348
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。