上田悌二郎家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0521
資料群名
上田悌二郎家文書
地域(近世,行政村,現在)
坂井郡浜住村,鷹巣村浜住,福井市浜住町
資料の年代
1710年(宝永7)~1890年(明治23)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
浜住村は、三里浜の南端に位置し、江戸時代は福井藩領、村高は308石余であった。
上田家は、代々太郎右衛門を名乗り、浜住村の庄屋、頭百姓、惣代などを務めている。
資料群の概要
当家文書は、25点撮影されており、(1)漁業関係、(2)年貢関係、(3)家文書、(4)その他に大別できる。
(1)では、三里浜の入会浜に関する証文、船切手、網道具盗人に関する連判証文、漁場入会認可願(近代)などがある。(2)では、年貢の割付状や算用目録などが撮影されている。(3)では帯刀御免の願書などがある。(4)には宗旨改状や初相場触状などがある。
『坂井郡古文書目録』によってあらかじめカードを作成して調査にのぞんでおり、否撮カード約70点のうち、1801年(享和1)の「金子請取覚」など3点のほかは所在が確認できなかったようである。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『坂井郡古文書目録』
複製本番号
A0237
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。