清水政右衛門家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0194
資料群名
清水政右衛門家文書
地域(近世,行政村,現在)
坂井郡波寄村,鶉村波寄,福井市波寄町
資料の年代
1876年(明治9)~1881年(明治14)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
波寄村は九頭竜川下流左岸、丹生山地北麓の砂地の小丘陵東麓に位置した。
はじめ福井藩領、1645年(正保2)吉江藩領と松岡藩領の相給、74年(延宝2)福井藩領と松岡藩領の相給となった。1721年(享保6)全域が福井藩領に復した。村高は3140石(うち田方2901石・畑方239石(「正保郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」共に同じ))で、蔵入地1560石の他、本多内蔵助を含む5人の相給知行地があった。
清水家については未詳。
2014年4月、寄贈。
資料群の概要
全5点。撮影資料はこのうちの4点の地籍絵図(字限図)で、4点の内訳は本冊3点と別冊1点である。本冊は小字ごとの絵図で、別冊は山林原野地等の絵図である。
本冊のうち第2・第3冊目は1876年(明治9)12月、別冊は78年に成立した。本冊第1冊目は劣化のため月日の解読不可。
否撮影資料は、1914年(大正3)「土地細別帳」。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
A4285~A4287
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。