西川秀男文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0158
資料群名
西川秀男文書
地域(近世,行政村,現在)
福井市
資料の年代
1928年(昭和3)~1993年(平成5)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
だるま屋は福井市内に1928年(昭和3)7月に開店した百貨店である。本資料群は、戦後の株式会社に組織変更し(1948年-)、その後だるまや西武への店名変更(1980年)をへて、(株)西武北陸(1988年)、(株)西武百貨店への合併(1993年)にいたるまでの、社員による収集資料である。
西川秀男氏は1928年生まれ、45年(昭和20)にだるま屋に入社し、72年に人事部長、85年に定年退職した後、引続き総務部次長として再雇用、94年に退職した。
2003年11月、寄贈。
関連する資料群として、A0502高田富家文書参照。
資料群の概要
資料群は、1962年(昭和37)から1993年(平成5)までの営業報告書、だるま屋20年史(未刊行)編集資料、西川氏収集・作成の年表、新聞記事などの電子コピー資料からなっている。
このうち 「だるま屋二十年史編集参考用 中島静夫氏手記」「(だるま屋百貨店年次記録)」は、創業から1945年までの売出し、催し、坪川店長ほか幹部の動向、少女歌劇の興業、慈善活動などが日次に記述されているものである。電子コピーであるが原本はすでに紛失しており、この時期の百貨店だるま屋の社会的・文化的活動を知る上で貴重な資料である。中島静夫氏は、元福井農林学校教諭でだるま屋の事務部長と務め、1951年死去。
利用条件
閲覧できない資料あり。
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
A2740~A2747
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。